昨日、筑波山に登って来ました。

どのHPを見ても「楽」「易しい」なんて言葉が並んでいるので、正直舐めてました。

同じランクで書かれている高尾山なんて目じゃないほど、辛かったです・・・。



とりあえず、御幸ヶ原コースは、ほぼ2キロ階段と石段でした。

トイレも山頂と麓にしか無く、行きたくなったら山に入るしかないかなぁって思います。

高尾山は途中にもトイレありますしね。

筑波山はそんなに簡単じゃないよ、メタボなおっさんに取っては。




励みになります、ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへblogramで人気ブログを分析 


一応、当日の装備は水1Lとタオル、財布等の小物を入れるヒップバッグ、ドライTシャツ、カーゴパンツでした。

登ってからケーブルカーが見える地点まで、延々ときつい階段。

ケーブルカーが見えると少し楽な階段。

後半、若干緩やかになるものの、最後の最後に急な階段。

階段上りの山と名付けました。(えー


周りの方々は初心者から上級者まで沢山居ます。

装備も完全な登山ルックから山ガールに明らかに地元のTシャツ、ジーパンの方々まで。

また幼稚園の遠足?の方々も居ました、園児たち、超すげぇ!超はえぇ!超礼儀正しい!

おじさん、グロッキーで休んでいると「こんにちはー!」「また休んでるぅー!」「先に行くよー!」なんて声をかけてくれます。

おじさんは、「こ・・・こんちは・・・(瀕死)」と返すのが精一杯でした・・・情けない・・・。

保育士さんたちも超凄かった、子供のために登ったり、降りたりを繰り返して・・・。

トレイルランの方々も居ましたが、自分からはあまりにもかけ離れている世界の方なので、もう「っぱねぇ!」しか言葉がありません。



山頂に着いた時は、相当嬉しかったです。

このカタルシスがあるから、みんな山に魅せられるんだろうなぁ。

山頂は物資も沢山あるんで、観光気分で過ごせます。

ただ、外国の方々も相当多いので、ナンかこう落ち着きませんでした・・・。


眺めは最高です!

日本人なら、この眺めを見ながらおにぎりなんでしょうね。

皆さん、頬張っていました。



いあーにしても、体力が無いですね。

きっとアレくらいの山はスイスイ登らないとダメなんでしょう。

もっと体重を落として、もっとスピードを上げて、もっと体力をつけないと、相当やばいです。

こんなに体力が無くなっていたかと思うと、正直怖いです。


そんなこんなでやる気が湧いた、seraniでした。



励みになります、ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへblogramで人気ブログを分析